営業所|契約社員・パート採用|採用情報

新卒採用

私たちJR千葉鉄道サービスは、鉄道の駅・車両・駅ビルなどの清掃を行う「清掃業務」、鉄道車両のメンテナンス及び車両基地構内の運転といった「車両メンテナンス・構内入換業務」、駅等にある飲料自動販売機やコインロッカーの運営管理を行う「販売管理業務」の3つの事業部門を、JR東日本千葉支社管内に展開している鉄道輸送のサービス会社です。

鉄道車両のメンテナンス・構内入換部門

鉄道車両を安全・快適な状態に保つために、車両のメンテナンスは欠かすことのできないものです。このため、車両センターではさまざまな検査・修繕が行われていますが、そのうち、機能保全という検査業務の一部や仕業検査といわれる検査業務などを当社は担当しています。およそ6日ごとに行われる仕業検査では、車両が安全に安定して走行できるよう、重要な機器の機能確認や消耗部品の点検を行っています。鉄道の安全性・安定性を確保するためには、優れたメンテナンス技術が必要とされます。
構内入換運転業務では、国家資格である動力車操縦者運転免許(構内限定)が必要です。車両基地構内の複雑な線路を安全に運転するために厳格なルールが定められ、構内運転士は、ルールに忠実に沿った作業により安全を確保することが求められます。
また、当社は、安全をトッププライオリティとして位置づけ、全ての事業分野で安全性の向上に取り組んでいます。輸送業務を担う企業として安全性の向上を目指すことは、お客さまに安心してご利用いただくことに通じます。安全を確保するという使命感は、必ずや仕事のやりがいにつながることでしょう。
採用要項

鉄道車両のメンテナンス部門 01 鉄道車両のメンテナンス部門 02

今後の展開

車両のメンテナンス・構内入換運転業務については、新型車両にも対応した技術レベルの維持・向上に取り組んでいきます。清掃業務では、「清掃」という労務作業から「清掃技術の提供」への質的転換を図るため、新しい資機材の導入を進めていきます。業務遂行を通じた「学び」に一人ひとりが積極的に取り組み、自ら行動を起こしていくことが大切です。社会インフラの要である鉄道輸送を通じて社会の要請に応える、活気のある企業を一緒に創ってまいりましょう。

▲ページの先頭へ